脱毛の種類とそれぞれの特徴

脱毛にはそれぞれ種類があります。
まずニードル、レーザー、光と分けることができますが、ニードルは昔からある技術で、施術方法としては電気を用いた方法になり、毛穴の一つひとつに針を差し込みながら、電気を流し熱で毛母細胞を壊す方法になります。

少し痛そうなイメージですが、実際に痛みを伴うことからあまり選ばれることもなくなりました。

また痛みの代償として時間がかなり必要、金額が高いなどもありますが、キメ細やかなケアは確かなものになっています。



レーザーは近年では誰しもがしる脱毛方法と思いますが、レーザーを照射することで、黒い色素にだけダメージを与えます。
そしてこの方法は医療行為ですから、医師による施術となりますが、保険が使えないデメリット的要素も含んでいます。



さらに黒い色素にだけ反応するため、ホクロ、日焼けといった場合はそれなりの対応が考えられます。

光についてですが、これもまたレーザーとほぼ同じことが言えます。

ですが、照射強度の低さが何回も通わなければいけない欠点でもあります。確かに痛みは無いのですが、一度にできないことが関係して、結果を得るにはそれなりに通わなければいけないようです。



また脱毛は一度やればそれで二度としないで済むと思われることが未だに多く見られます。

毛根は考えている以上にあり一度に済ませるのは難しいことでもあります。
つまりは見えていなかった毛根が後から現れることもあるので、定期的に通いケアすることが大切になってきます。

MENU